ピル効果

ピル効果/ピルは避妊だけでなく女性特有の月経困難症も治せる薬

ピル効果

 

ピル効果/あなたはどんな毎日を送ってますか?

 

最近では女性特有の病気が潜んでいて毎日が苦痛で悩んでいる人がいますが女性は男性と違ってホルモンのバランスがくずれるとイライラしたり怒りっぽくなったりと不快感な気持ちになります。

 

しかも精神状態もいつもと違いさっきまで怒ったかな!と思ったら急に笑い出したり、泣いたりして訳がわからなくなります。

 

これは月経が近くなるとホルモンのバランスが崩れて脳がそれに対して命令を出し自然と体の調子が悪くなるというわけですが・・・・・

 

実際に低用量ピルは卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲストロン」があります。

 

どちらかが一方少なくてもダメであるし多くてもいけないのであります。両方のホルモンがかみ合ってこそ成り立つのであります。

 

しかしどちらか一方がくずれてしまうとかなり重い病気にもかかる場合もあります。

 

このような症状がでないためにも早目に低用量ピル服用するようにしましょう!!

 

ピルにはどんな種類があるのでしょうか?

 

ピルは低用量ピル・中用量ピル・大用量ピル・超低用量ピルがあります。

 

一般的には低用量ピルが副作用も少なく安全性が高いお薬と言われていて多くの皆さんが使用していおります。

 

ではどんな時に使用されますか?

 

月経痛・・・・・月経の一週間前からお腹が張り、乳房が張って乳房の先が痛くなります。

 

お腹の痛みは個人差はありますがジリジリした鈍い痛みであります。酷い人は畳の上を転げ回るくらい我慢できない人もいます。

 

月経困難症・・・・・ホルモンのバランスが崩れ、朝起きられないほど頭痛やめまい、吐き気などが起こります。

 

立っていられないほどフラフラしてしまう人やもう最初から起きれない人もいるようです。人によっては仕事も行けなく休まなくてはならない人もいます。

 

月経不順・・・・・月経が定期的に来ない人、すなわち1週間早く来たかと思えば1週間遅く月経が来たりします。

 

他にも1ヶ月も月経が来ない人もいますが1ヶ月ぐらいでしたらまだ大丈夫です。

 

月経が2ヶ月〜3ヶ月も遅れるようでしたら婦人科の先生と相談してください。万が一ということもありますのでしっつかり診察をしてもらいましょう。

 

お肌にも効果があります!

 

皆さん知っていましたか?ニキビや吹き出物にも効果があるようです。

 

低用量ピルはお肌のトラブルも解消してくれる強い味方なんですよ。
今まで背中や顔にニキビがあったのが低用量ピルを服用したらニキビがかなり減ったと言われています。

 

ホルモンのバランスが改善してきたのではないでしょうか・・・・・低用量ピルのおかげでお肌のトラブルもなくなったと評判になっています。

 

ピル効果はいつから

 

ピルの効果はいつからでしょうか?

 

その前にピルにはどんな働きがあってどんな効果があるのかを教えましょう〜

 

日本人は海外の人と違ってピルのことをまったく理解していません。なぜならば学校教育の中で海外の人はピルのことを勉強しているからです。

 

日本でまだピルのことを学校教育の中で取り組んではいないからだと言ってますが・・・・・

 

本当のところはどうなんでしょうか・・・・・

 

ココがポイント!

 

実際に日本人はピルの経験者が外国人と比較すると少ないということがわかっています。
日本人もピルのことを知識を高め理解をすることが大事です。
もちろん避妊効果の為に服用するのもいいですがピルを服用することで精神的、健康な体づくりを目ざしていけるのは将来のためにとてもいいことですね。

 

ピルの効果はいつからでしょうか?

 

生理初日から服用すれば避妊効果になります。
これは生理初日から3日間までは排卵しないからです。排卵は14日後に起こるので5日以降は気を付けなくてはいけません!!

 

5日以降に服用した場合は注意してくださいね。
もし5日以降に飲み始めた場合は7後では12日になりますので排卵日はまだ来ていないということです。
この時点で排卵日まであと2日ありますがまだ心配なので注意が必用です。

 

 

ピルはどんな種類があるの?

 

ピルは「低用量ピル」「中用量ピル」「高用量ピル」「超低用量ピル」とあります。

 

一般的には低用量ピルが副作用も少なく安全性なお薬だとわかっているため「低用量ピル」を使用する人が多いです。

 

低用量ピルは2種類のホルモンのお薬になっていて一つは「エストロゲン」ともう一つは「プロゲステロン」のお薬ですがホルモンのバランスをよくするために服用します。

 

ようすに妊娠と似たような感覚になれるというお薬ですが排卵を促し御制するということなのです。

 

ピルの目的・効果はどんなのがあるのでしょうか?

 

@避妊目的の為

 

A副効用の目的・・・・・(避妊以外の効果)すなわち2つの目的に分かれているということです。

 

Aの服用効果はどんなのがあるのかといいますと・・・・・

 

★月経不順を治す。

 

★子宮内膜症の予防を改善する。

 

★月経困難症の改善を目的にする。

 

★月経血量の減少による貧血改善を図る。

 

●それぞれの目的によって上記の(@やA)使い分けるといいです。

 

私達はさまざまな困難にも乗り越えていかなくてはならないのです。その支えが「低用量ピル」なのかどうかはわかりませんがこれからの人生にきっと役に立つのかもしれません。ピルを活用して今までの自分とさようならしましょう。

 

ピル効果いつまで

 

ピル効果いつまでなの?(わからないあなたのために知っておきたい理由)

 

女性にとって一度は妊娠の経験したいと思っている人は多いはずです。

 

しかし今はお金もなく貯めなくてはならないし、経済状況を考えて妊娠したくないとか思っている人

 

病気がちな自分だが妊娠はしたいがしっかり体を治療してから妊娠に臨みたい人、月経痛や月経困難症が酷くてとても妊娠できる状態ではない人思いはさまざまです。

 

そういう人たちのためにピルを活用するとよいでしょう〜

 

ピルの中でも「低用量ピル」が一番人気で副作用も少なく安全性の高いお薬だと皆さんが口を揃えて言っています。
低用量ピル」は21錠タイプと28錠タイプに分かれています。

 

21錠タイプのピル

 

21錠タイプのピルは1日1錠を服用します。21錠タイプのピルすべて女性ホルモンが入ってます。21錠すべて飲み終えたら7日休薬します。
ちょうどこの7日休薬している間に生理がきます。7日の休薬が終わって8日目から次の新しいシートを服用します。

 

28錠タイプのピル

 

28錠タイプのピルは21錠はすべてホルモンが含有されています。残りの7錠は女性ホルモンが入っていないすなわち「偽薬」といってホルモンは含まれていません。
なので飲み忘れに心配な方はこちらの28錠タイプの方をおすすめします。
そして28錠すべて飲み終えたら次の新しいシートを服用し始めます。

 

ピルの飲み方の注意点

 

●低用量ピルは毎日同じ時間に飲むようにしましょう。(24時間おきに)

 

●毎日同じ時間に飲む理由は

ココがポイント

血液中のホルモン量が一定あることが大事!この量が一定であることが避妊効果を得ることのできる最大の秘訣だからです。

 

ピルの飲み忘れに気を付けてくださいね!!
1日過ぎたぐらいでしたらすぐに服用すれば大丈夫ですがそれ以降になりますと婦人科の医師と相談してくださいね。

 

飲み忘れ対策としてスマホのアラームやカレンダーに●をつけていくのもいいかもしれません。
あらかじめ自分のやりやすい状況を作っておくのもいいですよ。

 

ピル効果避妊

 

ピル効果避妊についての知識を高め、体の不調や精神的な不快感をとり除いてくれるお助けピルなのであります。

 

ピルは「低用量ピル」「中用量ピル」「高用量ピル」「超低用量ピル」に分かれていますがその中でも一般的には「低用量ピル」を使用される人がほとんどです。

 

低用量ピルは副作用も少なく安全性の高いお薬だということです。

 

 

ピルはには避妊効果があるのでしょうか?

 

実際低用量ピルは2種類のホルモンがあって卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲストロン」があります。

 

どちらか一方が少なくてもだめですし多くてもだめなのであります。

 

両方が同じホルモンの量でないといけないのであります。

 

そしてこれを服用することで避妊効果が得られるのです。

 

ようするに体のホルモンの量をうまくコントロールして排卵を起こさないようにしているのであります。

 

そして受精卵を着床させにくくする効果もあります。これが避妊に対するしくみでありますが・・・・・

 

少しはご理解いただけたでしょうか・・・・・

 

皆さんに少しでもわかりやすくお伝えできれば幸いです。

 

ピル使用するにあたって副作用はあるのですか?

 

ピルは副作用はあります。中用量ピルですとホルモンの量が多いため服用したあと頭痛、

 

めまい、血栓症や嘔吐などがありましたが低用量ピルですとごく少量の副作用しかみられなくなりました。

 

そのため低用量ピルを使用する人が多くなってきたといえます。

 

ピルは避妊意外でもどんな効果がありますか?

 

低用量ピルは避妊以外でも卵巣ガンや卵巣のう種の減少効果や子宮内膜症になりにくい体、月経不順や月経痛、月経困難症にも効果的だということです。

 

ピルの避妊効果はもちろんのこと精神的なものや体の調子を整える効果があるということがわかりました。

 

ピルをもっと使用して憂うつな毎日から脱出しましょう!!そして楽しい毎日を送れることが大事です。

 

ピル効果不安

 

ピルを今日まで気づかずに過ごしていた人は多いかと思いますがこんな便利なものが身近にあるのを知らないのはもったいない!!

 

時代の流れとも医学も発達してきました。こんな素敵なものがあったなら早く気がつけばよかった!!

 

女性の体は複雑で毎月の月経がくるたびに体調が悪くなる人はとても多いです。

 

ピルのことをもっと理解して自分自身の体調を向き合う必要があります。

 

「ピルに出会えてよかった!!」ときっと思える時がくるでしょう。

 

ピルは怖いものではありません!SOS!早くピルを使用してください。

 

ピルについて不安やお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか・・・・・

 

ここではそんな方のためにピルについての不安を取り除いていただけたら幸いです!!

 

●ピルについて疑問やわからないことがありましたらお答え致します。

 

ピルを服用しようと思うのですが不安です!!どうしたらいいのでしょうか・・・・・

 

★ピルについてもっと詳しい知識が必要です。そうすることによって不安や悩みが解消されるはずです。

 

ピルはまず怖いものではないということを理解してください。そして副作用は少なく安全性が高いお薬だということです。

 

一般的には低用量ピルを使用するのが通常です。

 

他にも中用量ピル、高用量ピルなどがありますがそれぞれはホルモンの量が多くなるといういことを覚えておいてください。

 

ピルは避妊薬と聞いたのですがそれだけなのでしょうか?

 

★ピルは避妊効果はもちろんのことですが他にも効果があります。
例えば・・・・・

 

@月経不順・・・・・月経が乱れ3週間遅れや1ヶ月以上、2ヶ月以上月経がこなかったりそうかと思えば月に2回ぐらい月経がくることがある。

 

A月経痛・・・・・月経の1週間前程から体調が悪くなる。(お腹が張り、鈍痛が波のように押し寄せてくる。酷い人はあまりの痛さに寝られない人もいます)

 

B月経困難症・・・・・月経前あたりから頭痛やめまい、腹痛、吐き気などが起こります。酷い人は立っていられない程体調がよくなくしまいには会社を休まなくてはならないぐらいになってしまいます。

 

C肌荒れ・・・・・(ニキビや吹き出物、湿疹などにも効果があります)

 

D体重のコントロール・・・・・(体重の増加、減少などの自分自身にあったのコントロールができる)

 

★このようにピルは月経の時の精神的な不快感も和らげ体調をうまくコントロールしてくれるため私達はとっても助かります。

 

ピル効果期間

 

ピル効果期間はどのくらいなの?

 

「ピルはどんな時に使用するのか」と言われることがあります。

 

ピルは大きく分けて2つの働きがあり効果があるようです。

 

一つ目は避妊効果があることです。避妊効果の中ではしっかり服用して、飲み忘れ、飲み間違いがなければ確実に効果は発揮できます。

 

二つ目は、「ホルモンバランスがくずれてしまう」ということです。低用量ピルを補うことでホルモンのバランスを整えるのです。

 

低用量ピルには「卵胞ホルモンの「エストロゲン」黄体ホルモンの「プロゲストロン」が入っていています。

 

どちらも同じぐらい入っていないと効果が得られないのです。

 

今、自分が体調が悪い、優れていないと感じたらホルモンバランスが悪いと思ってください。

 

これはもちろん生理前の起こる現象のことすなわち生理の前ぶれとでもいっておきましょう!!

 

生理前に起こる不可解な現象とは何ですか?

 

@月経痛・・・・・生理の2、3日前からお腹が張り腹痛が起こる。腹痛は最初は鈍痛のような鈍い痛みに変わり徐々に痛みが増してきます。

 

A月経不順・・・・・生理が早くきたり遅くきたりします。早い人は1ヶ月に2回来る人もいますが遅い人は2ヶ月〜3ヶ月来ない人もいます。

 

B月経困難症・・・・・頭痛やめまい、吐き気、腹痛と一週間前から体に異変が起きます。その他朝、ふらふらして起きられなかったりもう本当に苦痛で大変です。本人でなければその困難な状況はわからないでしょう!!

 

ピルは21錠タイプのピルとピル28錠タイプのピルがあります。

 

21錠ピルと28錠ピルは(ホルモンの量)すなわち成分も効果も同じです。

 

ピル21錠タイプとは

 

ピル21錠タイプは全部服用し毎日決まった時間に1錠飲みます。

 

21錠服用したら7日間休みます。(この7日間休んでいる間のことを休薬期間といいます)

 

ピル28錠タイプとは

 

ピル28錠タイプは28錠服用します。やはりピル21錠タイプと同じように毎日決まった時間に1錠服用します。

 

でもここからが違います!!

 

ポイントはココ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日間服用したことで全部飲んだことになりますがこの28日間のうちの7日間は偽物が入っており(偽薬といいます)

 

この7日間を休薬期間といいます。

 

飲み忘れが心配な人は28錠タイプの方がおすすめです。

 

ピルは避妊薬として効果がありますが生理初日から服用すれば避妊効果になります。

 

3日間は排卵はしなのでそれから14日後ぐらいに排卵は起こります。そうすると5日後は危ないので(排卵予定]気を付けて行動するようにしてください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ