ピル効果

ピル効果はいつから

ピル効果はいつから

 

 

ピルは海外では多くの人が活用しており日本では海外に比べるとまだ活用している人が少ないのが事実です。

 

日本もこれからピルを活用してくれる時代にきたのではないでしょうか・・・・・

 

最近ではピルも女性の間では避妊以外に使用している人が多くなりました。

 

ではピルはどんな種類があるのでしょうか

 

ピルは「低用量ピル」「中量ピル」「高量ピル」「超低用量ピル」がありますが一般的には「低用量ピル」が一番使用率が高いのですが、なぜ使用率が高いかといいますと「低用量ピル」は副作用は少なく安全性が高いということです。

 

「低用量ピル」はホルモンの量が少なく「中用量ピル」「高用量ピル」とホルモンの量が多くなります。

 

低用量ピルには卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲストロン」の2種類があります。どちらか一方が少なくてもだめだし多くてもよくないのであります。

 

二種類のホルモンがかみ合わないと効果が得られないのでありますが使用方法の目的をよく考え自分の体調に合った服用方法でどうするかを見極めてください。

 

ピルは私たち味方です!

 

ピルの目的とどんな時に活用してくれるのでしょうか?

 

ピルの目的とは・・・・・

 

●避妊効果は絶対です。

 

●ピルの中では低用量ピルが一番人気で副作用がすくなく体調が悪い時は使用すると効果的。

 

●月経不順や月経痛、月経困難症などを和らげて定期的に順調にしてくれる。

 

●肌荒れなどニキビや吹き出ものなどを低用量ピルのおかげで治してくれる。

 

ピルの活用方法は・・・・・

 

低用量ピルは21錠タイプと28錠タイプがあります。

 

21錠タイプピルとは・・・・・すべてホルモンが入っています。21錠すべて飲み終えたら7日休みます。その7日間休薬している頃生理がくるのです。

 

そして8日目からまた次のシートにうつるのです。

 

28錠タイプピルとは・・・・・21錠はすべてホルモンが含有されており21錠服用したら次の7日間はホルモン剤が入っていない「偽薬」を服用するのです。

 

そしてこのホルモン剤が入っていない薬7日間も服用し終えたら次のシートに移りますが飲み忘れが気になる方はこちらをおすすめします。

 

このようにピルは女性にとっては強い味方なのであります。ピルは避妊効果にはもちろんのこと自分の体調や精神面でも助けてくれることでしょう!

 

ピルうまく利用して毎日を楽しく過ごすことが大事ですね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ