ピル効果

ピル効果いつまで

ピル効果いつまで

 

ピルの効果はいつまで続くのでしょうか?今だにわからない人がいらっしゃるのはなぜでしょうか・・・・・

 

実際に友人たち20人に聞いてみたところ「ピルの効果はいつまで続くか」知らなかった人は20人中18人のしか知らなかったです。
なぜだと思いませんか?

 

まだピル事態が日本にとけこめていないのかも知れません!!
海外に比べて日本はそこまでピルに対しての知識が豊富でないことだと思います。
そしてピルのことを知らないからピルを上手に使用することができないのであります。

 

ピルについて学びましょう〜

 

ピルとは何ですか?

 

ピルは「低用量ピル」「中量用ピル」「高用量ピル」「超低用量ピル」があります。
通常ですと「低用量ピル」が多く使用されています。

 

低用量ピルは二つの種類のホルモンがあります。

 

一つ目は卵胞ホルモンの「エストロゲン」と二つ目は黄体ホルモンの「プロゲストロン」が入っていて女性がホルモンのバランスが悪くなると低用量ピルで補うのです。

 

女性の体は複雑でどちらか一方のホルモンが減少すると体調が悪くなり、もう一方のホルモンが減少しても体調がくずれます。両方が同じくらいになることが一番よいとされています。

 

これによって低用量ピルを使用することによって体の不調を整えるのです。

 

ピルは避妊効果で活用する場合が多いですがそれだけではありません。上記のようにホルモンのバランスを整える働きもあります。

 

「月経痛」「月経不順」「月経困難症」などがあります。

 

月経痛・・・・・生理の一週間前から胸が張ったり、お腹が張り鈍いような痛みがあります。酷い人は転げ回るくらいの痛みが起きます。

 

月経不順・・・・・生理が1ヶ月のうちに2回きたり、そうかと思えば2ヶ月以上生理が来なかったりします。不安定な感じなので少し心配です。

 

月経困難症・・・・・朝、起きられず頭痛やめまい、吐き気、腹痛などが起こり会社を休んでしまうくらい辛いです。

 

ピルの種類・飲み方

 

ピルは21錠タイプと28錠タイプがあります。

 

ピルの21錠タイプ

 

21錠服用して7日休薬期間をします。7日間休薬したら次の21錠シートに移ります。

 

ピルの28錠タイプ

 

28錠タイプのピルならホルモン剤が入っていない「偽薬」のお薬を7日間服用します。

 

この休薬期間中に(小退出血)が起こります。ピルの28錠タイプ(7日過ぎたら)をすべて飲み終えたら次の28錠シートに移ります

 

ピルの飲み方は3通り!

 

@生理が始まったらすぐに服用する「デイワンスタート」

 

生理が始まって1日目から服用します。生理初日から服用して7日目から避妊効果が得られます。

 

確実な飲み方なので避妊効果は確実なものになります。

 

周期が平日になる確率があるため7日休薬したあとは次のシートに移るのですが飲み忘れに気をつけましょう。

 

いつでも服用することのできるクイックスタート

 

A生理の初日に服用できなかった人はいつでも服用できる「クイックスタート」がいいでしょう。

 

縛りもなく決められ日もなくいつからでも始められます。
避妊効果は服用して一週間後です。

 

日曜日から始まる「サンデースタート」

 

B生理初日が日曜日から始めることを「サンデースタート」といいます。
「サンデースタート」だと生理が(消退出血)が月曜日〜金曜日に終わります。

 

日曜日のお出かけや行事がある人には重ならないので都合がいいです。
避妊効果は「クイックスタート」と同じく服用して一週間後です。

 

このようにピルの飲み方は3通りありますので自分に合わせてできるのがいいですね!!
毎日決まった時間に1錠を必ず服用してください。低用量ピルの飲み忘れに気をつけましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ