ピル効果

ピル効果期間

ピル効果期間

 

ピルについてあなたはどんなことに興味を持ちますか・・・・・

 

「皆さんが一番聞きたいことは何かな?」と問いかけたら真っ先に答えたのが「ピル効果期間」でした。

 

ピルの種類はどんなのがあるのでしょうか?

 

ピルには低用量ピル中用量ピル高用量ピル超低用量ピルがあります。

 

通常ですと低用量ピルが使用する確率が一番多いからです。なぜなら低用量ピルはホルモンの量が少ないからです。

 

中量用ピル・高用量ピルにいくにつれてホルモンの量が多くなっていくからです。

 

低用量ピルは卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲストロン」の二種類があります。

 

この二種類のホルモンの量がしっかり半分づつ入っていないとダメなのであります。

 

どちらか一方が少なくてもよくないのであります。上手に低用量ピルを使用しましょう!!女性の体は複雑だなと思いました。

 

低用量ピルで避妊ができるのは

 

低用量ピルを正しく服用すると自然に脳に伝達して脳がホルモンの分泌を抑え卵巣で排卵を起こさないようにします。

 

低用量ピルの含まれている「卵胞ホルモ」ンと「黄体ホルモン」が脳に十分ありますよ。と伝達してくれるのです。

 

排卵もしなければ受精もしないということなで妊娠は避けられます。

 

その他に受精卵が子宮に着床するのを防ぐ働きや子宮頸管に精子が入り込まないような作用をします。

 

これがピルが避妊できるしくみだということです。

 

ピルは21錠タイプと28錠タイプがあります。

 

ピルの21錠タイプはどんなの?

 

低用量ピルを1日1回決まった時間で1錠を服用する。21錠を全部服用したら7日間休薬します。そして7日間休薬したら次のシートに移ります。

 

 

ピルの28錠タイプはどんなの?

 

一般的には低用量ピルは28錠タイプの使用率が高いのはどうしてかといいますと28錠タイプのピルだと飲み忘れが少ないからです。

 

28錠タイプは28錠全部服用するのですが最後の7日間は「偽薬」というホルモンが入っていないお薬を服用するのです。

 

この「偽薬」はホルモンが入っていないからといって「避妊の効果が得られないのではないか」と思われがちですがしかり避妊効果は持続します。

 

「偽薬」を服用している間のことを「休薬期間」といいますがこの休薬期間の間に次の生理がくるようになっています。

 

飲み忘れや飲み違いなどを気を付けていれば避妊効果は持続しますので不安なことはないでしょう。

 

いずれにしても飲み忘れや飲み違いには気をつけましょうね!!

 

あなたらしく毎日を送るためにはピルと上手につきあうことも大切です。

 

ピルの避妊効果は絶大なものであるといえましょう!!

 

避妊薬としてもホルモン治療としてもピルは私達にとっては必要なものではないでしょうか・・・・・

 

ホーム RSS購読 サイトマップ