ピル効果

ピル効果時間

ピル効果時間

 

ピルは低用量ピル以外にもどんなものがあるのですか?

 

まず最初にピルは低用量ピル・中用量ピル高用量ピルの3種類があります。

 

それぞれの違いは分量が多いか少ないかでありますが一般的には低用量ピルを使用する人が一番多いです。

 

ピルは21錠タイプと28錠タイプのピルがあります。

 

低用量ピルはホルモンが2種類入った卵胞ホルモンの「エストロゲン」黄体ホルモンの「プロゲストロン」が入ってます。

 

この二種類のホルモンのどちらかが少なくてもダメですし多くてもよくありません。

 

ちょうど半分づつホルモンが入っていればうまくいきます。

 

女性のホルモンのバランスは微妙なものですからどちらか一方が少なすぎると体調が悪くなったりします。

 

低用量ピルをしっかり使用することでコントロールでき体調が改善されるのです。

 

ピルの飲み方を知っていますか?

 

ピルの飲み方は21錠タイプのピル・・・・・1日1回決まった時間に1錠を服用します。21日間飲み続けて7日休薬します。

 

28錠タイプのピル・・・・・28日間続けて飲み続けます。28日間の中の7日間は「偽薬」といって何も入ってないものを服用します。

 

このが偽薬を服用している7日間を「休薬期間」といいます。

 

休薬期間中はホルモンは入っていないわけですから避妊効果は得られないと不安に思われがちですがしっかり飲み続け飲み忘れ、飲み間違いをしなければ休薬期間中でも避妊効果が得られるのです。

 

ココでポイント

 

生理を遅らせたい場合

 

 

生理予定日の5日前からピルを服用します。

 

生理がきてほしくない期間も飲み続けます。生理がきてほしくない期間が終わりしだいピルを飲むのをストップすると2.3日後に生理が始まります。
飲み忘れや飲み違いあると生理がくることもありますので気をつけてください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ