ピル効果

ピル効果いつから

ピル効果いつから

 

最初に低用量ピルのことについて簡単に説明します。

 

低用量ピルは避妊はもちろんのこと月経困難症月経痛月経不順にきびや吹き出物などに効果のあるホルモン剤です。
いろんな用途に使用できるホルモン剤なのでとても有効活用できます。

 

低用量ピルを使用した場合いつから効果があるのですか?

 

「ピル効果いつからなの?」という疑問の声が多いです。

 

そんなあなたに簡単にわかりやすくピルのことを教えますね!!

 

低用量ピルを使用した場合・・・・・通常ですと生理初日(1日目)から服用したらその日(生理初日)から避妊効果が得られます。

 

生理2日目から7日目に服用を開始した場合・・・・・そのまま続けてピルを服用します。そして服用開始した2週間後から避妊効果が得られます。

 

生理初日が8日以降すぎてしまった場合・・・・・避妊効果は得られません。次の生理を待ちましょう。

 

これを考えると低用量ピルの場合生理初日から7日目までに低用量ピルを服用しなければ避妊効果は得られないということですね。

 

ピルの根本的な目的は何でしょうか?

ピルには低用量ピル中用量ピル高用量ピルがあります。

 

それそれの使用方法によって異なります。

 

まず低用量ピル・中用量ピル・高用量ピルは薬の量が違うということです。

 

低用量ピル・中用量ピル・高用量ピルにつれて量がどんどん増えてくるお薬だと覚えておいてください。

 

いずれにしてもどのピルも「生理を止める」というのが目的です。

 

避妊目的の人にはピッタリのお薬だと思います。

 

一般的には低用量ピルが副作用も少なく安全性が高いお薬(ホルモン剤)なので利用率はとっても高いのです。

 

生理を早める方法

 

生理初日から開始してピルを服用します。生理の起こしたい日の2日前までピルを服用します。

 

その後ピルを服用中止してから3日間ぐらいは少ない生理がきます。そのことを「消退出血」といいます。

 

ポイント⇒服用期間が短いと生理が始まらないこともありますので注意してください。

 

生理を遅らせる方法

 

生理の予定日の5日前からピルを服用し始め生理を起こしたい日の2日前くらいまでにピルを服用します。

 

服用中止したらすぐ3日後ぐらいで生理が始まります。(消退出血)

 

前回と同じように服用期間が短いと生理がこないこともあるので気をつけてください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ